piercing ピアス

たかいわクリニック

PIERCING

ピアス

はじめてのピアス。
「痛くないかな?」「ピアッシング後は膿んだり炎症が起きたりしないかな?」などと不安や心配がつきものです。
アクセサリーショップや個人での穴あけは、処置の不手際から、化膿や金属アレルギーを起こしやすく、また医療的対処が出来ないことからトラブルに繋がりかねません。
当院では滅菌されているピアスを使用し、一瞬のうちに確実かつ正確に穴あけ装着ができるピアスガンを使用しておりますので、そういったトラブルも起こりにくく痛みも感じにくいでしょう。
また、アレルギーを起こしにくいチタン製のファーストピアスもご用意しておりますので安心してご来院ください。

当院のピアッシング

当院では耳たぶにのみピアッシングを行っております。ボディピアスは行っておりません。
ピアッシングをする際、ピアスガンと呼ばれる専用の器具を使って瞬間的に穴をあけます。一瞬のうちに確実かつ正確に穴あけ装着ができ、ほとんど痛みは感じず麻酔も必要ありません。ピアスの穴をあけると、穴の前後から皮膚が形成されてきて、皮膚で囲まれたトンネルをつくります。これをピアスホールといいます。きちんとしたピアスホールの形状には、軸の太いピアスが絶対条件です。
当院で使っているピアスは、1.2mmの太さがあります。さらにピアス自体が減菌パックされていますので安心していただけます。

ピアッシング後の経過

ピアッシングは瞬間的に終わりますので痛みを感じている間もございません。
ピアッシング後はピアスホールが形成されるまでに時間がかかります。形成されるまで約2ヶ月間は絶対にファーストピアスを外さないでください。ピアスホールが形成されますと、お好きなピアスをつけて楽しんでください。但し、ピアスホールが形成されたからといってつけないで放っておくと必ず閉じてしまいますので、頻繁につける習慣をつけてください。万が一ピアッシングした箇所にトラブルが生じましたら、当院にて処置いたしますのですぐにご来院ください。

ピアッシングの注意点

  • ・ピアッシング後、細菌感染による化膿,ヘルペスなどのウイルス感染が起こる可能性がございます。
  • ・金属アレルギーがある場合、チタンピアスをお勧めしていますが、アレルギーの発生をすべて抑えることはできません。
  • ・ピアッシング後、体質によってピアス周囲にしこりが出来ることがあります。
  • ・ケロイド体質の方は、ピアス周囲の皮膚が赤く盛り上がる可能性があります。
  • ・ピアスとキャッチ(留め金)の幅を狭くすると、ピアスあるいはキャッチが、皮膚の中に埋まってしまう可能性があります。
  • ・耳たぶのピアスは、日常生活において、引っ掛けるなどして裂けてしまう可能性がありますので十分注意してください。
  • ・ピアッシングの際に出血することが稀にあります。
  • ・ピアスをつけている間は、常に感染の危険性があります。
  • ・ピアスホールの完成は、体質によって異なりますが、大体の目安として、2ヶ月と考えてください。
  • ・ピアスを外したままにしていると、ピアス穴は閉じますのでご注意ください。
  • ・ピアッシングをした箇所に市販の消毒液の使用は控えてください。
  • ・ピアッシングをした箇所は必ず清潔に保ってください。
  • 以上の注意点を良く理解していただき治療を受けてください。

料金表はこちら

料金

  • 施術料金 ¥3,000(税別)

※ピアス代別途¥2,000(税別)/個 (チタン製は¥3,000(税別)/個)となります。※当院ではボディピアスの施術は行っておりません。